ペット市場

最近のペット市場は、景気の動向などは物ともせず、著しい成長を成し遂げています。
そしてペット市場の中でも犬や猫、特に犬に対しては色々な企業がこのペット業界に参入し、新しい展開を日々消費者に提供し続けています。

消費者が家族同様に大事にしている飼い犬に対して今一番気にかけていることは何か、一番大事にしなければいけないことはどんなことなのか等、消費者つまり飼い犬家の立場に立って企業は事業展開をしています。

例えば、人間自身にも健康志向のニーズが高まっていますが、ペット業界においてもこのニーズが高くなっています。
一昔前までは犬は番犬として飼育され、それ以外の犬は野良犬でした。
そして番犬として飼育されている犬は人間と同じような食事を与えられ、食べていました。
犬の食事は、冷や飯に味噌汁がかけられたぶっかけ飯や人間の食べた後の残飯であり、犬だけに与えられる特別な餌ではありませんでした。
与えられた犬も餌として残すことなく人間の食事を食べていたため、そのような餌は犬の食事として長年与えられていました。
しかしペット産業が市場に出回り始めると、この餌は犬にはよくないと判明します。

なぜなら犬にも犬の餌の味や犬に必要な栄養素などがあります。
それを人間の勝手な思い込みで餌として与え続けたことで、犬は犬の味覚が失われ犬にとって必要な栄養素を摂取できないだけでなく、餌に害になるものも存在するとわかりました。
ではどのような食事を飼い犬に与えればよいのでしょうか。